求人を検索する

検索を閉じる

看護師用|履歴書の証明写真の取り方から貼り方について

転職に欠かせない履歴書。そして、その履歴書に欠かせないのが、ご自身の顔を撮影した証明写真です。
手元にある適当な写真を使ったりしていませんか?
実は履歴書の証明写真は、面接にたどり着くための重要なキーアイテムになり得る可能性もあるのです。今回は、履歴書の証明写真の撮り方から履歴書への貼り方まで、証明写真について詳しくご案内します。
 

履歴書の証明写真で注意すること

 
履歴書の必需品である証明写真。実は履歴書の証明写真の撮り方や貼り方にも、きちんとマナーがあります。
まずは、看護師として、また一人の社会人として覚えておきたい、履歴書の証明写真で注意すべきことをご紹介します。
 
3か月以内に撮影したものを使う
証明写真は、3か月以内に撮影された写真を使うのが、基本のルール。
特に女性は、数か月でもメイクや髪型で印象が変わってしまうもの。可能であれば、履歴書を提出する直前に撮影したものを使用するのがよいでしょう。
また、残念ながら不採用となってしまった時に、先方から履歴書が返って来る場合があります。
その際、もったいないからと貼ってあった証明写真をはがして使うのもNG!使いまわしはすぐにわかってしまい、悪い印象を与えてしまいます。写真は新鮮なものを使用しましょう。
 
きちんとした服装で撮影する
履歴書の写真を撮影するときは、スーツやブラウスなどを着用しましょう。特に看護師は、清潔感や誠実さを求められる仕事です。きちんとした印象を与える服装で撮影するのが安心です。
おすすめは、白いブラウスです。白い服は清潔感を与えるだけでなくレフ版にもなるため、顔色を明るく写す効果もあります。また、帽子やサングラスの着用も当然NG。一目で本人とわかる写真が証明写真であることを認識しましょう。
 
スナップ写真はNG!無地の背景で撮影する
履歴書用にスナップ写真は使用できません。証明写真は、無地の白またはブルーの背景で撮影します。
また、最近はスマホやデジカメで撮影した写真を証明写真に加工してくれるアプリやサービスもありますが、人生を左右する大事な写真となる証明写真には使わない方が無難でしょう。
 
過剰な修正はしない
最近はスマホやパソコンでも簡単に写真補正ができるようになり、写真撮影の際にも美白モードやスリムモードなどといった美しく撮影できる機能が備わっています。
しかし、履歴書はあくまで、本当の自分を知ってもらうためのもの。Photoshopなどの写真編集ソフトを使用することはもちろん、必要以上の修正はかえって悪い印象を与えてしまいます。ありのままの自分を、素直に撮影したものを使用しましょう。
 

これで失敗ゼロ!証明写真の撮り方と貼り方

 
では、実際に証明写真はどのように撮れば良いのでしょうか。貼り方と合わせて、ご紹介します。
 
証明写真機よりも写真館がおすすめ
街中にあるスピード写真の機械でも証明写真を撮影するために十分な機能がありますが、可能であればやはり写真館での撮影をおすすめします。
自動の機械でセルフ撮影するよりも、やはりプロに撮ってもらった方がより印象の良い写真になることは間違いありません。複数応募する可能性がある場合は、頼めばCD-Rなどにデータを焼いてもらえるので、自分で印刷すればリーズナブルです。
 
髪型やメイク、表情にも気を付ける
看護師は、清潔感が求められます。そのため、証明写真を撮影する時も、清潔感のある見た目を心掛ける必要があります。
寝ぐせのついたボサボサの髪や、華美なメイクはもちろんNG。長い髪はしっかりとまとめ、ナチュラルメイクで撮影しましょう。また、写真を撮る時はあごを適度に引き、口角をきゅっとあげると、明るい印象になります。
 
写真のサイズはきっちり、裏には名前
履歴書に貼る写真のサイズは大抵が、縦4cm×横3cmです。はさみで適当にカットせず、丁寧に採寸して、カッターなどでまっすぐに切断しましょう。きれいに切れたら、のりでしっかりと貼り付けます。その際、万が一はがれてしまった時のために、裏に自分の名前を記載しておくと、より丁寧です。

(参考:落ちない撮り方丸わかり履歴書写真大全

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる