求人を検索する

検索を閉じる

ブランクのある看護師が復帰する際に意識すべきポイント

産休、育休でブランクのある看護師でも、仕事に復帰してキャリアアップをしている看護師は大勢います。それを果たすためには、しっかりと目的を定めて諦めずに挑んでいくことが重要です。

今回は、ブランクのある看護師が職場復帰をする際に意識すべきポイントについてご紹介します。

 ブランクのある人はどんな不安をかかえているか

ブランクのある人の多くは、復帰できるのか、就業しても今まで通り働くことができるのか漠然と不安に思う方が多いのではないでしょうか。

 その際は、ただ漠然と不安に思うのではなく、何に不安を感じているのか自問自答するとよいでしょう。原因がはっきりしたら、それに対して解決方法を考えると自ずとやるべきことがわかります。 

今の知識のままで復帰して大丈夫か、昔やったことも忘れているのではないだろうかと不安に感じている方は、事前勉強などをする必要があります。

 復帰に対しての心構え

現場から離れた期間が長ければ長いほど、以前はできていたこともできなくなっていたり、やり方を忘れていることもあります。また、新たに勉強しなければいけないことも増えてきます。

 現在、多くの美容クリニックがブランクのある看護師のために研修制度を設けていますが、それだけに頼らず、美容クリニックのホームページを見たり、インターネットで情報収集することが重要です。 

そのような心構えをすることで、比較的早い段階で現場の感覚を取り戻すことができ、職場にも馴染んでいくことができるでしょう。

 仕事と育児を両立する場合

ブランクのある看護師の中には、仕事と育児を両立しようと考えている方もいます。看護師の仕事と育児の両立には、周囲の協力が欠かせません。夫や両親をいつでも頼れる環境があっても、一人でも多くの人の協力が必要になりますので、早めにベビーシッターや託児所、保育所を確保することも大切です。

 そして、理解のある職場を選ぶことも重要です。仕事に復帰しても子供が幼いうちは、発熱などで勤務中に保育園から呼び出されることも少なくありません。その度に休暇のお願いをするのは気が引けるものです。 

そのため、いきなりフルタイムで働かず、週4日勤務のシフト制で働くなど、徐々に環境に慣らしていくのも1つの方法です。1年以上のブランクが空いてしまうと、急にフルタイムで働くのは体力的にも難しいこともあります。体調を崩してしまっては元も子もないので、自分に合った働き方を見つけてみてはいかがでしょうか。

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる