求人を検索する

検索を閉じる

美容外科|看護師の年収600万?給料・待遇などを細かく解説!

様々な活躍の場がある看護師の中でも、美容外科の看護師は特に給料が高く好待遇という話をよく耳にします。良い条件なら転職したいけれど実際のところがどうなのか、気になる人も多いですよね。そこで今回は、実際に美容外科に転職して働いている現役の看護師の声をご紹介します。
 

美容外科の平均収入は?

 求人情報を見ていると、美容外科の報酬は通常の看護師よりも高い報酬を提示しているクリニックが多いようです。実際の平均収入はどうなっているのでしょうか。また、なぜそんなに高い報酬がもらえるのでしょうか。
 
一般的な看護師との比較
 
平成27年度の人事院統計書調べによると、女性看護師の平均月収は35万円。この金額には、夜勤の代金ももちろん含まれています。対して、美容外科に勤務する看護師の求人広告には、日勤のみで月収35万円以上、インセンティブ+賞与などという、魅力的な金額が並んでいます。夜勤手当がついた看護師の平均年収とほぼ同じ報酬で、さらにインセンティブや賞与も出るということは、実質的には美容外科の方が高収入、と言えるでしょう。
 
美容外科の高収入の秘密
 
では、夜勤もほとんどないのに、なぜ美容外科は一般的な病棟の看護師よりも高収入なのでしょうか。そこには、以下のような理由がありました。
 
●自由診療だから
一般的な診療は、健康保険が適用されます。そのため、患者から受け取る報酬が決まっており、おのずと看護師に支払う報酬も固定されます。一方の美容外科は、自由診療です。規定の値段がないため、クリニックにごとに自由に施術価格を設定することができます。そのため、看護師への報酬も、他より高く設定できるのです。
 

●ノルマがあるから
すべての美容外科に該当するわけではないですが、美容外科の中にはノルマ制度を実施しているクリニックもあります。そのクリニックの看護師には、営業という顔も含まれます。化粧品販売や施術契約のノルマを達成すると、インセンティブというプラスの報酬が上乗せされていきます。このインセンティブが加わることによって、夜勤の看護師以上の高収入が得られるのです。
 
収入だけじゃない!福利厚生も充実の美容外科
 
高い収入も魅力的な美容外科ですが、福利厚生も充実しているのも魅力の一つです。施術が無料や格安で受けられたり、医療用の化粧品を社販で買えたりと、美しくなるための特典がたくさんあります。また、女性が多い職場のため、大手の場合は産休や育休がしっかり定められている美容外科クリニックも多くなっています。
 
 
          

美容外科に転職した看護師の声

 メリットばかりに見える美容外科ですが、実際に働いている人は、どう感じているのでしょうか。転職サービスを利用して美容外科に転職した現役看護師さんの体験をご紹介します。
 
収入大幅UP!将来も安心のS.Yさん
 
総合病院の病棟で約10年間勤務していた、32歳のベテラン看護師・S.Yさん。夜勤もしっかりこなしていたため年収530万円と高所得でしたが、この年収を下げずに、元々興味のあった美容外科への転職を希望していました。年齢的にも結婚を考える年だったSさんですが、ママさん看護師の多い美容外科へ転職ができました。入職3年目には年収600万円と大幅UP!長く働ける職場に就職できたと、大満足のようです。
 
経験が浅くても大成功のC.Tさん
 
新卒で大学病院の病棟に1年勤務した、22歳のC.Tさん。命に対する責任へのプレッシャーに悩み、美容皮膚科に転職しました。わずか1年という経験の浅さを不安視していましたが、希望していた休みの取りやすいクリニックへの転職に成功。年収も380万円から400万円にUPしました。今では年に1回の海外旅行も楽しんでいるそうです。
 
ワガママを叶えても年収UPのS.Nさん
 
総合病院の病棟で5年間勤務していた、26歳のS.Nさん。結婚を機に夜勤のない仕事への転職を希望していました。Sさんの希望は、ご主人のお休みに合わせられるよう休みの融通が利いて、給料の高いクリニック。ワガママな希望ながらも、わずか1週間で美容皮膚科に内定。日勤のみですが、なんと年収もUP!残業もなく、年間135日以上も休日があり、充実した毎日を送っているようです。
 

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる