求人を検索する

検索を閉じる

プリセプターが抱える看護師の悩みベスト5と"その解決策"を紹介!

プリセプターとは、先輩看護師(プリセプター)が新人看護師(プリセプティ)について、指導や教育を行う制度のこと。後輩である新人看護師が早く仕事に慣れるように補助したり、悩みや疑問があれば相談にのったりします。新人看護師にとってはメリットが大きい制度ですが、教える側であるプリセプター看護師の中には、プリセプター制度を苦手として悩みを抱えている人も多いようです。そんなプリセプターのお悩みベスト5と、解決策についてご紹介します。

プリセプターの悩みベスト5

 
プリセプターは、大体3~4年の経験を持つ看護師が担当することが多いようです。当然、初めてのプリセプターという人も多く、様々な悩みを抱えています。代表的なお悩みと解決策についてご紹介します。

①教え方がわからない
最も多くのプリセプターが抱えるのが、この悩み。自分ではすんなり出来ていることでも、人に教えるとなると、なかなか難しいものですよね。
【解決策】
看護師であっても、教え方は他の仕事や勉強と同じです。まずは、①自分でやってみせる。②新人看護師と一緒にやってみる③慣れてきたら一人でやらせてみる。この3ステップです。技術が定着したと思ったら、口や手を出さずに見守る。もし間違ってもすぐに否定せずに、なぜ間違ったのか、どうすれば間違わなくなるかを一緒に考えてみましょう。
 
②自分のスキルが不足している
指導する側となる看護師が正しいスキルを持っていないと、当然新人に正しいスキルを伝えることができません。自分のスキル不足により、間違った指導をしてしまうのではないかと、不安に思っている人も多いようです。
【解決策】
プリセプターを任されたことが、自分も成長するチャンスだと思い、もう一度学び直してみましょう。不安なことやきちんと教えられないことを改めて勉強すれば、自分のスキルも大きくアップします。迷ったことがあれば、上司や先輩に相談することも大切です。

③担当の新人看護師が成長しない
自分が担当している新人看護師が、思うように成長をしないという悩みも多いようです。そうなると、きちんと教えているはずなのに、なぜ出来ないのか?自分の教え方が悪いのか? やる気がないのか? など、負の感情を持ってしまい、憂鬱になってしまうこともあります。
【解決策】
最も大切なのは、自分が担当している新人看護師と他の看護師を比較しないことです。人には誰しも、得手不得手があります。あの子は出来ているのに、なぜ自分の担当の新人看護師は出来ないの?などという悩みは、不毛なものです。どうしても自分たちだけでは上手く出来ない場合は、同僚や先輩に相談してみるのも良いでしょう。

④プリセプターの負担が大きい
プリセプターの仕事は、これまでの業務に+αされるものです。当然、その分の仕事が増えるので、負担に感じる人も多いようです。
【解決策】
プリセプターは、自分が成長するためのチャンスでもあります。時間外に、自分のスキルアップの勉強をしていると思えば、気分も少しは楽になります。こちらもあまりにも負担が大きいようでしたら、ムリをせず上司に相談してみましょう。

美容外科におけるプリセプター制度のメリット

 
それでは、美容外科に転職をする上で、プリセプター制度はどのようなメリットがあるのでしょうか。
 
プリセプター制度は転職者に対しても効果的!
 一般病院からの転職者なら、看護師としてのスキルを持っている人がほとんどのはずです。しかし、美容外科の場合は、一般的な病院とは違うスキルが必要になるときもあります。そんな時にも、プリセプター制度はとても効果があります。美容外科独自の機器や技術を覚えたり、そのクリニックのルールを把握することで、一日も早く美容外科の業務に慣れることができます。初めての美容外科への転職には、プリセプター制度がしっかり整っているクリニックがおすすめです。
 
プリセプター制度が充実している美容外科
 業界最大手の湘南美容クリニックは、プリセプター制度が非常に充実しています。座学で覚えた知識を、現場でプリセプターに再度教わりながら覚えることができるので、早くスキルを身につけることができます。また、キャリアアップ制度も充実しているので、将来的には自身もプリセプターになって、経験を積むこともできます。初めての美容外科業界への転職や、ステップアップのための転職には、おすすめの美容外科です。

(参考:湘南美容クリニックグループのキャリアアップ/パスについて) 

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる