求人を検索する

検索を閉じる

看護師養成施設(定時・4年-3年過程等)一覧|東京都編

看護師になるためには、当然ですが看護師の資格を取得しなければなりません。そのためには、看護師養成学校に入って、座学や実習をこなし、国家試験に合格する必要があります。今回は、都内にある看護師になるための養成施設について、ご紹介します。
 

看護師学校には、4年生と3年生がある?

看護師資格には2つの免許があります。国家試験に合格して厚生労働大臣が発行する正看護師免許と、准看護師資格試験に合格して都道府県知事が発行する准看護師免許です。看護師と名乗るためには、このいずれかの資格を取得する必要があります。まずは、正看護師資格から確認してみましょう。
正看護師になるための国家試験は、厚生労働大臣または文部科学大臣指定の看護師養成学校に通わなければ受験資格が得られません。看護師養成学校には、4年過程と3年過程があります。また、高校から5年間の高等専門学校で看護師を目指すという方法もあります。それぞれの学校と、メリット・デメリットをご紹介します。
 
4年制のメリット・デメリット
 
4年制を設けているのは、主に大学の看護学部になります。4年という長期間での学習となるため、より専門性の高い学習や一般教養もを勉強できるといったメリットがあります。一方で、1年長いことで資格取得までの期間や学費がよりかかってしまうこと、現場に出るのが1年遅れてしまうことがデメリットとなります。
都内にある4年制の学校は、以下の通りです。


3年制のメリット・デメリット

3年制を設けているのは、主に短期大学や専門学校になります。国家資格に合格すれば、卒業すると同時に現場に出ることができるので、より早く実地で活躍することができます。また、大学と比べるとより実践的な授業が多く、費用も安く済みます。一方で、4年制より1年短い分スケジュールが過密で忙しいというデメリットがあります。
都内にある3年制の学校は、以下の通りです。


5年間で看護師資格が取れる、高等専門学校
 
一般的に正看護師になるためには、上記のように、高校卒業後に大学(4年)または専門学校(3年)に通いますが、もっと早く看護師の道に進みたいという人は、高校から5年間で一貫した看護教育が受けられる高等専門学校という選択肢もあります。早期から看護に特化した教育を行うことで、最短期間で正看護師の資格が取得できるのが魅力です。都内には、江戸川区にある愛国高等学校の1校のみですが、早く看護師として活躍したいという方におすすめです。

働きながら看護師の資格はとれるの?


働きながら学べる学校は?
 
都内にある正看護師になるための看護学校には、残念ながら夜間に学べる定時制の学校はありません。しかし、准看護師の資格なら、働きながら資格を取得することができます。准看護師の学校は大半が午後から授業が行われるので、午前中は看護助手として働いて収入を得るという人が多いようです。
正看護師からの指示で働くという位置づけの准看護師ですが、正看護師と准看護師で、できる仕事に差はありません。もちろん、美容クリニックにも就職することは可能です。

また、准看護師は一定の条件をクリアすれば、正看護師へのステップアップが可能です。どうしても正看護師になりたいけれど経済的な理由で難しいという人は、
①看護助手として働きながら、准看護師の資格を得る
②准看護師で経験を積み、正看護師へ
という2ステップで正看護師を目指すのがおすすめです。

准看護師が看護師資格を得るには

准看護師が正看護師資格を得るためには、看護師学校養成所で2年以上学び国家試験に合格することが条件です。正看護師を目指すための看護師学校養成所は、昼であれば約2年、夜の定時制であれば3年の学校があります。ご自身の経歴とライフスタイルに合わせた方法を選んでくださいね。

(参考:都内看護師等学校養成所一覧) 

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる