求人を検索する

検索を閉じる

【看護師からの質問まとめ】面接について

さて、美容クリニックへの入職を目指す看護師さんにとって、最も大きいハードルとなるのが面接です。美容クリニックの面接は、今までの病院の面接とは大きく変わり、志望動機や退職理由はもちろん、長所短所など様々な回答の準備が必要です。

面接の極意は、「事前準備」と「慣れ」です。ここでは、美容看護師になるための面接テクニックをご紹介します。しっかりと対策をして、面接への不安を取り除きましょう。

面接で気をつけるべきこと

面接は多くの方が苦手意識を持っております。堂々とハキハキと話す…そんなこと始めからできる人は一握りです。少しでも面接に不安を抱えているのであれば、いろいろなツールを使って納得いくまで面接対策に励みましょう。

マニュアル本を購入することや、美容看護師の面接を経験した方からのお話を聞くこともよいでしょう。もしそのクリニックの面接の傾向と対策を知る方法があったら心強いですよね。

美容外科求人ガイドでは、面接で聞かれやすい質問事項から面接官の雰囲気などもお伝えしておりますので、自信をもって面接に挑むことができます。

面接でよく聞かれる質問

○当クリニックを選んだ理由

これは最もよく聞かれる質問であり、最も重要です。この質問は必ず回答を準備しておきましょう。

「なぜこの美容クリニックでなければならないのか」までしっかりと話さなければなりません。事前にHPの採用ページや、院長先生のお言葉など、クリニックについての情報を集め、自分がこのクリニックのどのようなところに惹かれ、応募しようと決めたのかをしっかりと伝えましょう。

ありがちな失敗例として、「美容医療に強く興味があって…」という業界への興味を志望動機にする看護師さんが多く、この場合、「なぜこの美容クリニックに志望するのか」という動機(理由)になってないケースが多々あります。

○前職を退職した理由

面接官からしてみると、「前職の退職理由」はとても気になる点です。退職理由が、育児や介護、療養などのための場合は正直に話し、現在はどのような状況であるかを伝えましょう。

ただし、人間関係や待遇面などの場合は、少し言い方を工夫する必要があります。スキルアップや看護経験を積みたいなど、ポジティブな理由はたくさんあります。面接官の印象を悪くしないよう、前向きな回答を用意しておきましょう。

○心に残っている患者様とのエピソード

印象的なエピソードを話すことは、あなたの良さをアピールでき、面接官に印象を付けることができます。今までの経験や業務で得た知識や能力、そして成果をもって、入職後「どのように役立つことができるか」を伝えていきましょう。

ここで気を付けなければならないのが、「出来事をただ単調に説明するだけ」になってしまいがちという点です。「自分の性格」「特徴」を交えるなど、自分はどう考えて何をしたかなどを、自分らしく伝えてアピールしていきましょう。

○このクリニックで何をやっていきたいか

今までの経験と今後の目標を交えて、今後の自分がやりたいことを述べましょう。経験や目標を掲げることで、話に説得性があり、面接官に良い印象を与えられます。クリニックで何をしたいか、自分が入職したらクリニックにとってどんなメリットがあるかなどの回答例を用意しておきましょう。

○最後に質問はありますか?

これは、面接の最後に聞かれることです。この質問に、「特にない」と答えてしまうと、「意欲がない」「本気度が低い」などと見られてしまいます。どんな質問でも必ず2つ以上は用意しておきましょう。

しかしここで、待遇面を効くのはご法度です。気になるのは当然ですが、給与や休暇についての質問をしてしまうと、面接官にとっての印象はあまりよくありません。定番な質問は、「入職までに勉強しておくこと」「一番人気の施術」など、業務に関する質問です。実際に入職した自分をイメージした際に、気になる点などを聞くと良いでしょう。

また、「産休・育休について」「ライフスタイルに合わせた勤務形態について」などの、今後起こり得ることを事前に聞いておくのも好印象を与えます。面接はお互いのことを知る時間ですので、しっかりと聞いておきたいことをまとめておきましょう。

そのほかのよくある質問

○面接は一人での受験ですか?

面接は求職者1人と、面接官は1人もしくは複数人で行うことが多いです。転職の場合、集団で面接することはごく稀です。ただし、美容外科求人ガイドでは、担当のキャリアコンサルタントが面接に同行し、しっかりとサポートをさせて頂きますのでご安心くださいませ。

○面接の際はスーツですか?

美容医療の業界でも、面接時はスーツを着用します。インナーはシャツが好ましいですが、丸首のインナーでも構いません。また、スーツがない場合、できるだけ黒に近いジャケットを着ていきましょう。清潔感のある、ピシッとした服装で面接に臨むのが好ましいです。

○ネックレスなどの装飾品はつけて行っても大丈夫ですか?

面接の場では、時計以外の必要のない装飾品は外して受けたほうがご印象がいいです。

○面接が苦手なのですが

多くの方が苦手意識を持っています。しっかりと答えを準備しておくことで、余裕を持って自己PRができることと思います。美容外科求人ガイドでは、面接をパスするためのノウハウをしっかりお伝えしますので、安心ください。

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる