求人を検索する

検索を閉じる

理想のワークライフバランスを確立できる美容クリニックの業務とは

残業や夜勤で、仕事の負荷が大きい看護師業務。プライベートを削らなくてはならなかったり、肉体的・精神的に病んでしまったり、仕事のせいで自身の生活バランスが崩れてしまう人も多いようです。
そういった看護師の中には、仕事と生活の調和(=ワークライフバランス)を整えるために、美容クリニックへ転職する人もいます。美容クリニックの業務はなぜワークライフバランスが確立できるのでしょうか。

ライフとワークのバランスがいい理由~仕事編~

 なぜ美容クリニックの看護師は、仕事と生活のバランスが取りやすいのでしょうか。まずは、仕事の面から理由を確認してみましょう。
 
夜勤がない、あっても月1回程度
看護師は、交代勤務で働くことが多く、特に病棟や救急など夜勤がある業務では、ある日は昼・ある日は夜という勤務になり、体内リズムがくるってしまう人も少なくありません。
さらに夜勤中は、昼よりも人手が少ない状態で、急患の対応や、突然症状が急変する可能性など、常に緊張感の中で過ごさなければなりません。結果、精神的・肉体的に大きな負荷がかかり、それが元で看護師を辞める人も多いようです。
 
一方、美容クリニックの多くは、夜勤がありません。
そのため、ライフサイクルが安定し、プライベートの予定が組みやすいのが特徴です。
中には大きな手術を扱うために夜勤がある美容外科クリニックもありますが、全身麻酔のリカバリー回復という念の為の夜勤なので、お客様は1名など診る人数が少なく、病棟のようにバタバタせずに夜勤をこなすことができるようです。
 
残業が少ない
看護師の残業が多いことは、業界では有名な話です。
あるサイトの調べでは月に30時間の残業があると答えた人は約20%、60時間以上の残業をしていると答えた人も4%いたそうです。
原因は、慢性的な看護師不足、外国人を含めた医療受診者の増加による業務過多など。いかに看護師の仕事が、長くて大変かがわかりますよね。
 
一方、美容クリニックは予約制のクリニックがほとんどで、日勤と夜勤の引継ぎや申し送りもない為、残業が少ないことが特徴です。
例えば業界最大手の湘南美容外科クリニックの場合、看護師の月の平均残業時間は約9時間30分。さらに、サービス残業が当たり前という病院もありますが、大手の美容クリニックでは総務や人事が業務を管理している場合も多いので、そういった心配がありません。
 
☆詳しくは、下記サイトもご参照下さい。

(参考:湘南美容外科グループ採用サイト|データで見る湘南美容外科グループ) 

(参考:日本看護協会|看護職の労働環境の整備の推進) 

ライフとワークのバランスがいい理由~生活編~

仕事においてもワークライフバランスの取りやすい美容外科クリニックですが、生活面においても調和が取りやすい理由があります。こちらも確認してみましょう。

 お給料がいいから、生活も安定
美容クリニックは、自由診療のため他の診療科よりもお給料が高いといわれています。
あるサイトの調べでは、内科の看護師の給与は月15~25万円、整形外科では20~30万円、給与が比較的高いと言われている精神科でも20~30万円であるのに対し、美容クリニックは25~40万円と、圧倒的に給料が高いという結果が出ています。
お給料が高いと、生活が安定したり、ちょっと贅沢をすることができたりと、毎日が充実します。結果、日々の仕事もがんばれるため、良いライフサイクルが生まれるのです。
 
▽参照サイト

(参考:クリニック看護師の給料を徹底比較! ) 

プライベートの予定・計画が立てやすい
美容クリニックでは、シフト制を採用しているクリニックが多いです。そのため、プライベートでも予定が立てやすく、子育て世代でも安心して仕事に復帰ができます。また、大手クリニックでは有給休暇や産休・育休の取得を推奨している場合が多く、中には長く働いてもらえるようにリフレッシュ休暇などの特別休暇があるところもあります。長期・短期共に休暇が取りやすく、プライベートもゆったりと過ごせる仕組みが出来ているのです。

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる