求人を検索する

検索を閉じる

自己紹介ですべてが決まる美容クリニックでウケが良い自己紹介方法とは?

転職活動の際、必ず必要になるのが面接です。そして、面接の際に必要となるのが、自己紹介です。自己紹介を求められる場合、転職の合否はこの自己紹介が大きく左右します。今回は、美容クリニックで人事担当者が採用したくなる、自己紹介の方法をご紹介します。 

自己紹介は準備がすべて

いざ面接に臨んだ時、志望動機と自己PRに並んで必要なのが、自己紹介です。就活やアルバイト面接の時に、突然「自己紹介をしてください」と言われて、頭が真っ白になったこと、ありませんか。準備をしていないと、何をどう、どのくらいの時間話していいか、わからないですよね。自己紹介で事前に話すことを準備しておくと、落ち着いて面接に挑めます。

自己紹介は、最大限自己アピールできる場

面接は、始終相手のペースで行われます。「これまでにどんな経歴がありますか」「なぜ前職を離職したのですか」「なぜ当院を志望したのですか」など、相手の質問を受けてそれに答えるのが、ほとんど。しかし、自己紹介は、すべてをゆだねられる唯一の場でもあります。ここで自分の良さをしっかりとアピールできるかが、採用のターニングポイントでもあるのです。

理想は1分間!短く簡潔に

よく転職指南書では、3分から5分程という時間の目安が書かれています。しかし、3分も自己紹介をされてしまうと、面接官は何に焦点を当てて質問したらいいか、また何について確認したらいいかがわからなくなってしまいます。自己紹介はスピーチではありません。自分の性格や趣味などは割愛し、仕事のことのみを端的に伝えましょう。ポイントは、相手が質問したくなるくらいの量を心掛けることです。

短編小説を書く気分で、起承転結を大切に

自己紹介は、短編小説を書くつもりで行うとうまくいきます。

  • 前書き:まずは面接官に挨拶をし、名前を告げます。
  • 起:自分の職歴について話します。どんな病院で、どんな科にいたかを並べていきます。
  • 承:起で話した職歴で経験したことを話します。複数の病院に勤務した人でも、間に挟むよりもまとめてこんなことを経験しましたという方が、相手に伝わりやすくなります。加えて、自分はこんなことができますよという、自己PRも兼ねましょう。
  • 転:転職する動機について話します。注意すべきは、マイナスになることをそのまま話さないこと。人間関係が嫌になった時は「新しい環境で新しい仕事に挑戦してみたくなったから」、夜勤や不定期な勤務が辛くなった時は「メリハリのある仕事をして、もっと自分を磨きたいから」など、プラスに言い換えるのがポイントです。
  • 結:転職した後のことを話します。志望動機や、就職したらどんなことをしたいか、自分がどんな風に働きたいかを伝えます。
  • 結び:締めの挨拶として、面接を受けさせてもらえたことに感謝の気持ちを伝えます。

自己紹介で注意すること

自己紹介の準備方法がわかったところで、今度は自己紹介をする際に注意すべきことをご紹介します。

自分を盛りすぎない

面接の際は、自分をよく見てもらいたいという気持ちが働き、つい自分のことを大きく話してしまいがちです。しかし、面接時に嘘をつくと、いいことは一つもありません。ベテランの面接官は、嘘はすぐに見抜きます。また、もしそのまま就職ができたとしても、期待値が大きくのしかかり、結果として居辛くなってしまいます。自己紹介は、ありのままの自分を知ってもらうためのもの。話を盛りすぎず、本当のことだけを話しましょう。

適度に面接官の目を見る

誰かと話しをする時もそうですが、自己紹介をする時は、相手の目を見ましょう。複数の面接官がいる時は、一人にだけ話さず、順番にかつ均等に目線を合わせながら話しをします。ただし、相手が一人の時は、じっと見つめすぎないのも大切です。適度に外しながら話しをしましょう。

明るくはきはきと話すことを心掛ける

美容クリニックでは、接客のスキルも必要とします。面接の時に、小さな声でモゴモゴと自己紹介されたのでは、どんなにすばらしい経歴でも採用したいとは思わないですよね。話しがヘタでも、明るくはきはきと話しをすることによって、より魅力的な人材であると感じてもらえます。ただし、早口になりすぎるのは禁物です。適度なスピートで、元気に話しましょう。

関連記事

新着記事

カテゴリ

人気のタグ一覧

メニューを閉じる